こどものブランド 服 コピー 激安屋、サイズアウトしたらどうしたらいいですか?

子どもたちがすくすくと成長すると、お洋服もあっという間にサイズアウトしてしまいます。そんなとき、みなさんはどうなさっていますか?

サイズアウトしたこどもの服の処分方法

フリマアプリやバザーで売る
フリマアプリやバザーを活用すると、状態の良いお洋服は売ることができる場合があります。ただし、購入希望者とのやりとりや梱包、発送が必要になります。

知り合いにお譲りする
お友達やご近所さんにサイズアウトしたお洋服を譲るのもひとつの方法です。直接手渡しすれば、手間もかかりません。

寄付する
困っている方へお洋服を寄付することもできます。児童養護施設やNPO団体など、受け付けている団体はたくさんあります。

資源ごみとして処分する
状態が悪く、再利用できない場合は、資源ごみとして処分することになります。お住まいの自治体のルールに従って廃棄してください。

捨てる前に確認したいこと

お洋服を処分する前に、以下のようなことを確認しましょう。

シミや汚れがないか
シミや汚れがあれば、クリーニングやシミ抜きを試してみましょう。落ちない場合は、処分した方が無難です。

破れやほつれがないか
破れやほつれがあれば、修理できるかどうかを確認しましょう。直せない場合は、処分します。

お名前シールを剥がす
お洋服に記名がある場合は、処分する前に必ず剥がしましょう。個人情報が流出するのを防ぐためです。

思い出の詰まった服の扱い

特別な思い出が詰まったお洋服は、処分するのは忍びないですよね。そんな場合は、以下のような方法があります。

思い出の品として保管する
箱に入れて大切に保管しておきましょう。将来、お子さんに見せるのも素敵ですね。

パッチワークやぬいぐるみにする
お洋服を小さく切って、パッチワークやぬいぐるみを作るのも思い出を残す方法です。

写真を撮ってアルバムに貼る
お子さんがお洋服を着ている写真をたくさん撮っておきましょう。アルバムに貼れば、思い出を振り返ることができます。

大切なのは、お子さんの成長を喜び、サイズアウトしたお洋服を感謝の気持ちを持って処分することです。思い出もさまざまな形で残しておき、お子さんの成長をこれからも見守りましょう。

【関連記事】:オフィスで差をつけるファッションのコツ